Investing

Number of coins held

30984.867988 XRP(Buy)

Investment amount

25,000 JPY

Recovery

Official Website

https://ripple.com

Market Cap

http://coinmarketcap.com/currencies/ripple

Overview

ビットコインの初期の開発者達が集まってビットコインの欠点を補った開発中の暗号通貨です。
取引に使う独自の通貨としてXRPを使っていますが、Rippleの目的は非中央集権取引ネットワークを作ることにあり、Rippleネットワーク上で金融機関が発行する電子的な手形を交換することで、国際送金のブリッジ通貨として利用されます。

Feature

高速性

XRP:4秒
※ビットコインより500倍早い

ETH:2分以上

BTC:1時間以上

従来のシステム:3〜5日

手数料の安さ

XRP:$0.0007

BTC:$1.43

Visa:$2.00

スケーラブル

ビットコインでは1秒につき3〜6件の取引しか処理できないのに対して、XRP Ledgerは1,000件以上処理できるという優れたスケーラビリティも特徴として有しています。

24時間365日、毎秒1000件の取引を処理することができ、Visaと同等のスループットを処理できるレベルまでスケールすることができます。
※2017年4月30日時点で1秒あたり50,000件の取引

分散性

ブロックチェーンの原理に基づき構築されたオープンソーステクノロジーであり、世界中にバリデーターが拡大し、分散化が進行しています。

安定性

XRPの5年に渡る安定的なテクノロジーとガバナンスの実績は法人利用に適したデジタルアセットであることを示しています。

信頼性

Rippleのネットワーク上でネットワークの利用料として支払われた手数料は、誰かの手に渡るわけではなく単純に破棄されます。
なぜそんなことが行われるかというと、Rippleのネットワークに大量のトランザクションを流す参加者を防いで、ネットワークの信頼性を保つためです。
Rippleではネットワークに負荷を掛けすぎると価値が減少するという仕組みになっているので、短時間で何回もの取引を起こす投機的な活動は、すればするほど損をするので防がれることになります。
※セキュリティホールは発見されていないようです。

Specification

公開日

2013年9月26日

システム

XRP Ledger(旧名Ripple Consensus Ledger)

コイン発行上限

100,000,000,000 XRP

Wallet

Mr.Ripple

GateHub

Rippex

Hardware wallet

Ledger Wallet

Exchange

coincheck

Mr.Ripple

Kraken

Bitstamp

Korbit

Debit Card

UQUID

  • 38 Cryptocurrencies Supported
  • Reloadable + High Limit + Anonymous + No Hassle