リップル(Ripple)は、ビットコインやライトコインとは違って、価値をドルなどの交換価値で保障
現在、1Rippleの料金で、ドル、ユーロ、円、さらに Bitcoin などの、価値を交換、送受できる
流通価値、トークンとして、1,000億Ripple が流通した後は、新たな Ripple は作られない
Rippleはすでにある、金銭価値の、交換サービスの仕組み


さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)

Investing

Number of coins held

30984.867988 XRP(Buy)

Investment amount

30,000 JPY

Recovery

Official Website

https://ripple.com

Market Cap

http://coinmarketcap.com/currencies/ripple

Overview

ビットコインの初期の開発者達が集まってビットコインの欠点を補った開発中の暗号通貨です。
Rippleとは新しい通貨そのものではなく、暗号通貨を使った新しい取引プロトコルで、取引に使う独自の暗号通貨としてRipple(XRP)を使っていますが、Rippleの目的はdecentralized(非中央集権)された取引ネットワークを作ることにあり、 IOU(借用証書「IOU= I Owe You=私はあなたに借りがある」を用い取引を行う仕組み)機能のもと、高いセキュリティ性と現実通貨との親和性を持っています。

Specification

公開日

2013年9月26日

システム

Consensus

コイン発行上限

100,000,000,000 XRP

開発者

Rippleを中心的に開発しているのはOpenCoinという会社です。
ファウンダーはソーシャルレンディングの大手Prosperを立ちあげたChris Larsenと、Bitcoinの初期の開発者であり、Mt.Goxを立ち上げたJed McCaleb(BitCoinフォーラムの出資者でもある)の2人です。
Chris Larsenが関わっているというのが重要なポイントで、Bitcoinの取引にソーシャルな関係を合わせた、IOU(借用証書)という債務を使った取引で、この仕組みによって極めて低コストな取引を可能にしています。

通貨としてのRipple

通貨としてのRipple IOUという借金のカタは、受け手が了承してくれれば、色々な通貨で発行することが可能です。
円で発行しようが、ドルで発行しようが、Bitcoinで発行しようが自由です。
もちろんRipple内の独自通貨で発行しても構いません

何故Rippleという通貨を新たに作ったのか

悪意のあるネットワークの取引に対抗するため

Ripple上での資金移動コストは完全なゼロではありません
実は取引する度に極めて小額ですが、ネットワークの利用料としてRippleを支払う必要があります。
また、ここで支払われたRippleは誰かの手に渡るわけでは無く、単純に破棄されます。
なぜそんなことを行うかというと、Rippleのネットワークに大量のトランザクションを流す参加者を防いで、ネットワークの信頼性を保つためです。
Rippleではネットワークに負荷を掛けすぎると価値が減少するという仕組みになっているので、短時間で何回もの取引を起こす投機的な活動は、すればするほど損をするので防がれることになります。

送金時間の長さを解消する為

ビットコインの決済には3~5分、場合によっては10分以上の送金時間がかかりますが、Rippleは独自に開発された承認システムによって数秒で送金が可能です。

Wallet

Mr.Ripple

GateHub

Rippex

Exchange

coincheck

Mr.Ripple

Kraken

Bitstamp

Debit Card

UQUID

  • 38 Cryptocurrencies Supported
  • Reloadable + High Limit + Anonymous + No Hassle