次世代型金融プラットフォーム「Counterparty」

概要

Counterpartyは、ビットコインのブロックチェーン上に作られているP2P型金融プラットフォームです。 分散型取引所、デジタル通貨の発行機能などが実装利用されており、初めてProof of WorkProof of Stakeシステムに代わる第三のProof of Burnシステムを利用した暗号通貨でもあります。
また、コイン発行上限は2,648,755XCPとなっています。

Counterpartyとは何か

CounterwalletというWebアプリケーションを無料で提供しており、これを使う事で世界中の人がCounterparty上で発行したコインを売買することが可能となります。
このコインは、XCPと呼ばれるCounterpartyネットワークに存在するネイティブ通貨を使用して購入することができ、現在発行済のXCPの分だけBTC(ビットコイン)が確保されており、このBTCがXCPの信用を支えています。

Counterwalletの作成

http://foldingcoin.net/counterparty-guides/#wallet

Counterparty上で発行されている主な仮想暗号通貨

スマホアプリ

IndieSquareWallet

オリジナル通貨発行概要

発行に必要なビットコイン

0.0005 BTC

発行通貨(トークン)にオリジナルの名前を付ける場合

+0.5 XCP(約48円、XCP=カウンターパーティー通貨)

換金手数料

0.000356 BTC (マイナーへの手数料 0.0002 BTC 換金手数料 0.000156BTC)

Debit Card

UQUID

  • 38 Cryptocurrencies Supported
  • Reloadable + High Limit + Anonymous + No Hassle